• furukawa

【∞ブレス∞】 No.186(211114)

『交わりの中に生きる』

 聖書は、「すべての人が罪人である」と語ります(ローマ3:23,5:12)。

しかし同時に、

「自分の罪を悔い改めて、主イエスを救い主と信じるならば(告白するならば)、

すべての罪が赦され、

正しい者とみなされる(義と認められる)」とも教えています(同3:24,10:9~10)。

これは、神様の確かな約束です。


しかし、私たちは、自分の弱さや愚かさ等のゆえに、

神様の約束を信じられなくなることがあるように思います。

どうしたら良いのでしょうか?


一つの方法は、積極的に教会の交わりに加わることだと思います。

ヨハネの福音書20:25には、

「12弟子の1人であるトマスが、主イエスの復活を否定したこと」が記されていますが、

もし、彼が、主にある交わりの中に身を置いていたらどうでしょう。

他の弟子たちと同様に復活の主を信じたはずです。



4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示