• furukawa

【∞ブレス∞】 No.181(211010)

『成長を目指す人々』

 祈祷会では、『悟ると実を結ぶ』を読み進めています。

5回目の10/6は、63~73頁を読みましたが、

みんなが驚いた(?)のは、

『①礼拝を休まず、献金を忠実に献げ、集会で奉仕に励む人や

 ②伝道が上手で、たくさん人を救いに導くことのできる人、

 ③教会でリーダー的な働きができる人が、

 必ずしもイエス様の弟子というわけではありません。

 聖書の教えている弟子とは、

「イエス様のすべてのみことばを、守り行う人」です。』と言う文章でした。


 誤解しないで頂きたいのですが、

①~③の人がダメだということではありません。

著者が語ろうとしているのは、

「いつでもどこでも(家庭でも・職場でも)イエス様のみことばに従う人が、主の弟子である」

と言うことです。

 参加者全員が、できない自分に向き合いつつも成長を目指す「幸いな場」だと思います。



4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示